2006年01月08日

今となっては、どーでもいいことやけど。(爆)

こっそりはんからのこっそり情報で

あのアホバカチームの


Honda boss could lose his job

In the Spanish test paddocks last month, the odd rumour flew around that Nick Fry's spot at the helm of Honda may be less than safe.

The speculation has been given further momentum with the news that Willem Toet, the team's senior aerodynamicist who quit last month, left Brackley after a dispute with the team principal.

F1 Racing magazine said in its January edition that, upon leaving, Toet sent Fry an email, which - apparently referring to Fry - included the phrase: 'I will not be abused.'

While admitting the existence of Toet's email, Britain's Nick Fry denied he was in danger of losing his job.

'That's rubbish,' Fry, who replaced David Richards for the start of the team's troubled 2005 season, told F1 Racing. 'I have absolutely zero worries as far as that's concerned.'(for homeofsport.com)



ホンダのボスは会社をしくじる場合がありました。

先月、変な噂がそのニックの周りで飛ばしたスペインのテストパドックでは、Fryのホンダの舵を取っているスポットがあまり安全でないかもしれません。

ウィレムToet(先月やめたチームの先任の空気力学者)が論争の後のBrackleyをチームの校長に預けたというニュースがあるさらなる勢いを思惑に与えました。

F1Racing雑誌には、1月号にToetが退出のときに句を含んでいた(明らかにFryについて言及します)メールをFryに送ったと書かれていました: '私は虐待されないでしょう'。

Toetのメールの存在を認めている間、イギリスのニックFryは、彼には会社をしくじるという危険があったのを否定しました。

Fry(デヴィッド・リチャーズを2005年のチームの困った季節の始まりに取り替えた)は、'それはくずです'とF1Racingに言いました。 '私には、それに関する限り、ゼロ心配が絶対にあります'。(Excite翻訳機)



Honda boss job unsafe?

(GMM) In the Spanish test paddocks last month, the odd rumour flew around that Nick Fry's spot at the helm of Honda may be less than safe.

The speculation has been given further momentum with the news that Willem Toet, the team's senior aerodynamicist who quit last month, left Brackley after a dispute with the team principal.

F1 Racing magazine said in its January edition that, upon leaving, Toet sent Fry an email, which - apparently referring to Fry - included the phrase: ''I will not be abused.''

While admitting the existence of Toet's email, Britain's Nick Fry denied he was in danger of losing his job.

''That's rubbish,'' Fry, who replaced David Richards for the start of the team's troubled 2005 season, told F1 Racing. ''I have absolutely zero worries as far as that's concerned.''(for F1Central)



ホンダの主要な仕事の危険ですか?

(GMM) 先月、変な噂がそのニックの周りで飛ばしたスペインのテストパドックでは、Fryのホンダの舵を取っているスポットがあまり安全でないかもしれません。

ウィレムToet(先月やめたチームの先任の空気力学者)が論争の後のBrackleyをチームの校長に預けたというニュースがあるさらなる勢いを思惑に与えました。

F1Racing雑誌には、1月号にToetが退出のときに句を含んでいた(明らかにFryについて言及します)メールをFryに送ったと書かれていました: 「私は虐待されないでしょう。」

Toetのメールの存在を認めている間、イギリスのニックFryは、彼には会社をしくじるという危険があったのを否定しました。

「それはくずです。」と、Fry(デヴィッド・リチャーズを2005年のチームの困った季節の始まりに取り替えた)はF1Racingに言いました。 「私には、それに関する限り、ゼロ心配が絶対にあります。」(Excite翻訳機)




>>今となっては、どーでもいいことやけど。(爆)SAF1承認までの余興と言う事でええんやないか。等々あの憎っくき肉揚がクビに!やっとホンダはん気が付いたようで、やらやれでんな。本人はまだまだやる気の様やが、どこまでノー天気なんか?ホンマおめでたいこって。



trtbs.pngREDFIVE_rogo.gif
私達は佐藤琢磨を応援しております。



posted by REDFIVE at 21:55 | Comment(4) | TrackBack(3) | 2006 F1
この記事へのコメント
ネットで大きい情報などをBLOGすればよかった?


Posted by BlogPetのMANSELL at 2006年01月09日 11:19
きっと、ブラジルラインを有効活用ですな。
そうなれば、バリチェロも頑張ると思います。
Posted by ビートニク at 2006年01月09日 12:45
ビートニクさん!
それって、チーム・ケロたんへの
布石?馬豚はいらんと言う事かの。
Posted by REDFIVE R.E.H at 2006年01月09日 12:51
モチ、そうです。
少なくとも、バトンの重要度は減りますな(望)。
ホンダの方からバトンを追い出すようなことはしないでしょうが、重心はバリチェロ寄りへ…あり得ないですかね?
その内5年もすれば、琢磨の復帰の道も…こればかりは実績次第でしょうけど。そんなに待てないか。
Posted by ビートニク at 2006年01月09日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


★アグリチームの話題がな〜〜い!アグリさんの本音は?★
Excerpt: こんにちは〜お姉さんで〜す! 明日は、成人式よね。 その日を迎えられる20歳の皆様、おめでとうございます。 お姉さんの成人式は・・・・・・・もう、昔過ぎて忘れちゃった〜
Weblog: ★お姉さんの素敵な時間★
Tracked: 2006-01-08 22:15


スーパー・アグリのドライバー候補 〜日本人ドライバー編〜
Excerpt: オールジャパンチームを強く意識しているスーパー・アグリには、当然のように日本人ドライバーの名前が噂に挙がっています。 ・山本左近 1982年7月9日生(23歳)愛知県出身  2001年 全日本..
Weblog: お気楽パパ@車楽生活
Tracked: 2006-01-09 03:40


F1(165) 「ニック フライ がクビになった」と言ったら、
Excerpt: さぞかし手をたたいて喜ぶ方が多いでしょう。特に琢磨ファンの中には。 “肉揚”の愛称?で通っているホンダのチーム代表ニックフィライ、口を開けばバトンにベンチャラ ホンダにベンチャラ、チームの..
Weblog: 戀は糸しい糸しいと言う心
Tracked: 2006-01-09 21:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。